どんな仕事があるか

目の鋭い女性

ファッション専門学校では、ファッションに関するあらゆる分野の知識・技術を取得することができます。デザインやカラーコーディネートなど、ファッションに特設関係する基礎知識や技術はもちろん、ショップ経営や流通に関わる知識なども学べるため、卒業後の就職先の種類はかなり幅広いのです。ファッションデザイナーやパタンナーだけが、ファッション系の仕事ではありません。

まず、ファッションデザイナーという仕事が、ファッション専門学校卒業後のひとつの進路になります。ファッションデザイナーはかなり敷居が高く競争率も激しい業界です。基礎的な知識や技術はもちろんのこと、センスや直感といった感覚も磨く必要があるので、柔軟性も求められる職業です。ファッションデザイナーのほか、パタンナーという職種もあります。パタンナーとは、デザイナーが描いたデザイン画を参考にしながら実際に型紙を作っていく仕事です。立体的なデザイン像をイメージする必要があるので、そういった感覚や繊細な手つきが必要となっていきます。

よりビジネスに直結している進路先といえば、ショップマスターやショップマネージャーといった職種があげられます。これらの仕事は、ファッション・アパレル系のショップを経営したり、ショップ全体の指揮を取ったりといった、一種の最高責任者といってもいいでしょう。アパレルショップなどに就職するのであれば、こうした職種を目指すという人も多いです。センスはもちろん、お店を効果的にアピールするために必要なリサーチ力、高い接客スキルも必要です。